教養としてのゲーム史 ブックライブ 買った 評判 口コミ

BookLive「ブックライブ」の教養としてのゲーム史無料立ち読み


「名作」「傑作」とされるゲームはいったいどこがスゴかったのか。新しいゲームジャンルはどのように誕生するのか。──それは、ゲームの歴史を「アイディアの進化史」としてとらえることで見えてくる。『インベーダー』『ゼビウス』『スーパーマリオ』『ドラクエ』『ときメモ』『ラブプラス』……数々の歴史的作品は、「創造性」「大衆性」「技術とアイディアの関係」などについて、大きなヒントを与えてくれる。ゲームを「学ぶ」時代の幕明けだ。
続きはコチラ



教養としてのゲーム史無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


教養としてのゲーム史詳細はコチラから



教養としてのゲーム史


>>>教養としてのゲーム史の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」教養としてのゲーム史の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する教養としてのゲーム史を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は教養としてのゲーム史を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して教養としてのゲーム史を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」教養としてのゲーム史の購入価格は税込で「702円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




1ヶ月分の料金を支払ってしまえば、色々な書籍を好きなだけ読めるという読み放題サービスが電子書籍で一般化してきています。1巻毎に買わなくても済むのが一番のポイントです。
BookLive「教養としてのゲーム史」のサイトそれぞれですが、1巻丸々タダで試し読みできるというところもあるのです。まずは1巻だけ読んでみて、「エンジョイできたら、続巻を有料にてDLしてください」という仕組みです。
購入する前に内容を確かめることができるとすれば、読んでからつまらなかったと後悔することが少ないはずです。普通の書店で立ち読みをする時と同じように、BookLive「教養としてのゲーム史」においても試し読みが可能なので、内容を把握できます。
コミックサイトも数多くあるので、比較検討して自分に最適なものをセレクトすることが大事です。そういうわけで、取り敢えずは各サイトの特色を認識することが求められます。
スマホで読むことが可能なBookLive「教養としてのゲーム史」は、出掛ける際の荷物を極力減らすのに役立つと言えます。バッグやリュックの中に読みたい本を入れて持ち歩くようなことをしなくても、いつでもどこでも漫画を楽しむことができます。




教養としてのゲーム史の情報概要

                    
作品名 教養としてのゲーム史
教養としてのゲーム史ジャンル 本・雑誌・コミック
教養としてのゲーム史詳細 教養としてのゲーム史(コチラクリック)
教養としてのゲーム史価格(税込) 702円
獲得Tポイント 教養としてのゲーム史(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


ページの先頭へ