自分の戦場 ブックライブ 買った 評判 口コミ

BookLive「ブックライブ」の自分の戦場無料立ち読み


「不幸になってたまるか」癌の母親の面倒を見ている、二人の兄は頼りにならない、そして好きな女がいる… 勝った負けたと騒ぐじゃない。勝ち負けなど贅沢だ。俺は働きづめ、毎日が引き分けだ…。死病の母を世話し、好きな女との甘い暮らしを夢見る青年。その幸福になろうとする強い意志を骨太に描く「自分の戦場」(第2回すばる文学賞)のほか、「八月の光を受けよ」(第81回芥川賞候補)と「クレパスの金と銀」の中篇3本を収録。●吉川良(よしかわ・まこと)1937年、東京生まれ。芝高等学校卒、駒澤大学仏教学部中退。1978年『自分の戦場』で第2回すばる文学賞受賞。1979年『八月の光を受けよ』で芥川賞候補、『その涙ながらの日』で二度目の候補、1980年『神田村』で三度候補となった。1999年JRA馬事文化賞、ミズノスポーツライター賞優秀賞受賞。
続きはコチラ



自分の戦場無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


自分の戦場詳細はコチラから



自分の戦場


>>>自分の戦場の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」自分の戦場の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する自分の戦場を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は自分の戦場を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して自分の戦場を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」自分の戦場の購入価格は税込で「486円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




無料電子書籍を読むことにすれば、やることがなくなって手持無沙汰で仕方ないなんてことが皆無になります。休憩している時間や移動中の暇な時間などにおいても、十分にエンジョイできるでしょう。
「詳細に比較せずに選択した」とおっしゃる方からしたら、無料電子書籍はどれもほぼ同じという思いかもしれないですが、サービス内容に関しましては各社それぞれ異なりますから、比較・検討してみるべきだと思います。
手持ち無沙汰を解消するのに一番合っているサイトとして、人気を集めているのがBookLive「自分の戦場」だと聞いています。わざわざ本屋で漫画を購入せずとも、スマホを1台用意すれば簡単に購読できるという部分が特色です。
無料コミックは、スマホを持っていれば読めるのです。通勤の電車内、会社の休憩時間、歯医者などでの受診までの時間など、暇な時間に簡単に楽しむことができます。
Web上にある通販サイトでは、原則タイトルと作者、さらっとした内容しか把握できません。けれどもBookLive「自分の戦場」を使えば、話が分かる程度まで試し読みで確認できます。




自分の戦場の情報概要

                    
作品名 自分の戦場
自分の戦場ジャンル 本・雑誌・コミック
自分の戦場詳細 自分の戦場(コチラクリック)
自分の戦場価格(税込) 486円
獲得Tポイント 自分の戦場(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


ページの先頭へ