その涙ながらの日 ブックライブ 買った 評判 口コミ

BookLive「ブックライブ」のその涙ながらの日無料立ち読み


世の中、まじめに生きるべきだ……それ以外、どうしようもない 俺はトラックの運転手、学問はなくてもちゃんと喰っている。恋人もいる。兄と弟は国立大学に入って頭はいいが貧相だ。前科者と一緒になった姉と縁を切ろうとしている。冷たい仕打ちじゃないか…。俺にはヒロという好きな女がいる。アパートに週に二回、石材屋の老人が来ることも、久男というキザな男と深い仲にあることも、ちゃんと知っている。でも、俺はヒロを許す。愛しているからだ。そのヒロが、ある日、タチの悪いイタズラをした…。(「その涙ながらの日」) 第82回芥川賞候補である表題作のほか、「ラストラウンド」と「素晴らしい歳月」の中篇3本を収録。世の中をまじめに懸命に生きる心やさしい生活者たち、そのさわやかな苦闘を活写する。●吉川良(よしかわ・まこと)1937年、東京生まれ。芝高等学校卒、駒澤大学仏教学部中退。1978年『自分の戦場』で第2回すばる文学賞受賞。1979年『八月の光を受けよ』で芥川賞候補、『その涙ながらの日』で二度目の候補、1980年『神田村』で三度候補となった。1999年JRA馬事文化賞、ミズノスポーツライター賞優秀賞受賞。
続きはコチラ



その涙ながらの日無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


その涙ながらの日詳細はコチラから



その涙ながらの日


>>>その涙ながらの日の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」その涙ながらの日の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するその涙ながらの日を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はその涙ながらの日を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してその涙ながらの日を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」その涙ながらの日の購入価格は税込で「486円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




移動中の空き時間も漫画をエンジョイしたいといった人にとって、BookLive「その涙ながらの日」ほど楽しいものはないと言えます。たった1台のスマホを持ち歩くだけで、楽々漫画をエンジョイできます。
「比較するまでもなく選んでしまった」とおっしゃる方は、無料電子書籍はどこも変わらないという思いをお持ちなのかもしれませんが、サービスの詳細については登録する会社によって違いますので、比較してみることは重要です。
店頭では広げて読むだけでも後ろめたいという漫画でも、無料漫画システムを提供している電子書籍であれば、好みに合うかを確かめてから購入を決めることが可能なので、後悔することがありません。
毎月の利用額が決まっているサイト、登録しなくても見れるサイト、1巻ずつ買い求めるサイト、無料の漫画が充実しているサイトなど、コミックサイトも何かと違いがあるので比較してみましょう。
「アニメはテレビで視聴することができるもの以外見ない」というのは前時代的な話であると言えます。その理由としては、無料アニメ動画などをWeb上で楽しむという形が増加しつつあるからです。




その涙ながらの日の情報概要

                    
作品名 その涙ながらの日
その涙ながらの日ジャンル 本・雑誌・コミック
その涙ながらの日詳細 その涙ながらの日(コチラクリック)
その涙ながらの日価格(税込) 486円
獲得Tポイント その涙ながらの日(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


ページの先頭へ