氷の轍 ブックライブ 買った 評判 口コミ

BookLive「ブックライブ」の氷の轍無料立ち読み


シンジツ一人ハ堪ヘガタシ。二人デ居タレドマダ淋シ、一人ニナツタラナホ淋シ、シンジツ二人ハ遣瀬ナシ、シンジツ一人ハ堪ヘガタシ。(北原白秋「他ト我」より) 北海道釧路市の千代ノ浦海岸で男性の他殺死体が発見された。被害者は札幌市の元タクシー乗務員滝川信夫、八十歳。北海道警釧路方面本部刑事第一課の大門真由は、滝川の自宅で北原白秋の詩集『白金之独楽』を発見する。滝川は青森市出身。八戸市の歓楽街で働いた後、札幌に移住した。生涯独身で、身寄りもなかったという。真由は、最後の最後に「ひとり」が苦しく心細くなった滝川の縋ろうとした縁を、わずかな糸から紐解いてゆく。北海道警釧路方面本部。新たな刑事の名は、大門真由。
続きはコチラ



氷の轍無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


氷の轍詳細はコチラから



氷の轍


>>>氷の轍の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」氷の轍の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する氷の轍を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は氷の轍を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して氷の轍を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」氷の轍の購入価格は税込で「1555円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




BookLive「氷の轍」を拡散する為の販促法として、試し読みが可能というシステムはすごいアイデアだと思います。時間を気にすることなく本の中身を把握できるので、少しの時間を使用して漫画選びができます。
その他のサービスを押しのける勢いで、ここ数年無料電子書籍システムが浸透してきている理由としては、一般的な書店がなくなりつつあるということが想定されると聞いています。
「どこから書籍を買い求めるのか?」というのは、それなりに大切な事です。購入費用とかサービスの中身などに違いがあるので、電子書籍というのは比較検討しなければいけないと断言できます。
スマホで読む電子書籍は、一般的な書籍と違い文字の大きさをカスタマイズすることが可能なので、老眼で見えにくい60代以降の方でもスラスラ読めるという特徴があると言えます。
本屋では扱っていないであろうずいぶん前のタイトルも、電子書籍には置かれています。無料コミックのラインナップ中には、40代以上の世代が学生時代に読みつくした本もあったりします。




氷の轍の情報概要

                    
作品名 氷の轍
氷の轍ジャンル 本・雑誌・コミック
氷の轍詳細 氷の轍(コチラクリック)
氷の轍価格(税込) 1555円
獲得Tポイント 氷の轍(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


ページの先頭へ