永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たち ブックライブ 買った 評判 口コミ

BookLive「ブックライブ」の永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たち無料立ち読み


NHKドキュメンタリー「目撃! 日本列島」でも放映されて、話題となった群馬の古希野球チームの強豪「西毛安中クラブ」に密着!メンバーは全員70歳以上で、そのほとんどがガンや脳動脈瘤、糖尿病、心筋梗塞など重度の持病を抱えているが、試合中のプレーは真剣そのものだ。全力疾走にヘッドスライディング……、プレー中に亡くなった人も一人や二人ではない。文字通りの“命懸け”の野球――。そして取材を進めている最中に、いつも冗談ばかり言って周囲を笑わせ、明るく元気だった一人が、突如帰らぬ人に……。旅立ちの日の直前、病室で最期に口にした、尽きることない野球への想いとは――。「……ハァハァ……編集長さぁ……9回裏2アウトになっちゃったよ」木村監督らしい表現だった。「下半身には転移はしてねぇよ……上半身全部だ」一言一句、聞き漏らすまいと耳をそばだてた。「一時間後にゃあ、意識が混濁しちゃって、なんてこともあるわけだからさ……話しておきたいと思ってさ……ハァハァ……取材、してくれよ」仕事をしろ! 僕はレコーダーをテーブルに置き、録音ボタンを押した。編集長が笑顔で、努めて明るい口調で言った。でも、声は細かく震えていた。「監督っ! もう一度、グラウンド、立ちたいでしょう! 」木村監督はそれには答えず、代わりに胸の前で、両方の人差し指を交差させ、バッテンを作った。なんすか、それ……。監督、なんですか、それは。なにがバッテンなんですか!「……ハァハァ……それは、言わないでくれよ……」木村監督の乾いた目尻を、一筋の涙が潤した。しかし、深く刻まれた皺の溝に溜まって、流れ落ちずに留まった。ついさっきの「思い残すことはねぇんだ」とは全然違う。その涙はどうしようもなく、本物だった。いつも冗談の合間に本音を差し込んでくる監督が、大好きな大好きな野球のことに触れられた瞬間、まるで無防備に涙を流したのだ。それほどまでに野球が――。本文よりなぜ、70代にしてそこまで野球を愛し、命懸けで白球を追いかけるのか!?その理由に迫り、生命の意味をも問う、涙と感動のノンフィクション!!
続きはコチラ



永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たち無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たち詳細はコチラから



永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たち


>>>永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たちの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たちの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たちを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たちを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たちを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たちの購入価格は税込で「1620円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




漫画と言えば、「若者をターゲットにしたもの」というイメージを持っているのではありませんか?しかしながら最新のBookLive「永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たち」には、30代~40代の方が「若いころを思い出す」と言われるような作品も勿論あります。
書店では、展示する面積の関係で置ける書籍の数に制限がありますが、BookLive「永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たち」だったらそういった問題が起こらないので、今はあまり取り扱われない書籍も多いのが特徴でもあるのです。
あらすじが曖昧なままで、カバーの見た目だけで漫画を選ぶのは困難だと言えます。いつでも試し読みができるBookLive「永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たち」サービスなら、おおよその内容を知った上で買うかどうかの判断ができます。
超多忙な毎日でアニメを見る為に時間を割けないという社会人にとっては、無料アニメ動画がおすすめです。決められた時間に視聴するという必要性はありませんので、ちょっとした時間に視聴できます。
老眼が進んだために、目の先30センチ前後のものが見えにくくなってしまったという活字中毒ぎみの中高年にとって、スマホ上で電子書籍を読むことができるようになったというのは、大いに意味のあることなのです。フォントサイズを調節して読みやすくできるからです。




永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たちの情報概要

                    
作品名 永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たち
永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たちジャンル 本・雑誌・コミック
永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たち詳細 永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たち(コチラクリック)
永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たち価格(税込) 1620円
獲得Tポイント 永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たち(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


ページの先頭へ