社会科学としての経済学 ブックライブ 買った 評判 口コミ

BookLive「ブックライブ」の社会科学としての経済学無料立ち読み


資本主義のメカニズムを明らかにするために、経済学はどこまでも科学的でなければならない──。戦後のマルクス研究を主導した宇野弘蔵。彼は教条的な『資本論』読解を批判し、純粋な科学として再構成することを企てた。本書では、経済学が取り組むべき根本課題から語り起こし、自然科学と社会科学の違い、マルクス理論の核心を踏まえたうえで、三段階論に代表される自らの理論を紹介していく。さらにマルクスの一連の著作をコンパクトにまとめた論考も収録。今日の資本主義を分析するために、マルクスをどう活用できるのか。その可能性がもっとも明快に示された一冊。
続きはコチラ



社会科学としての経済学無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


社会科学としての経済学詳細はコチラから



社会科学としての経済学


>>>社会科学としての経済学の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」社会科学としての経済学の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する社会科学としての経済学を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は社会科学としての経済学を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して社会科学としての経済学を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」社会科学としての経済学の購入価格は税込で「1134円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




老眼になったために、目の先30センチ前後のものが見えにくい状態になったという高齢の読書好きな方には、スマホで電子書籍を閲覧することができるようになったというのは意義深いことなのです。表示文字のサイズをカスタマイズできるからです。
BookLive「社会科学としての経済学」を積極的に使えば、部屋に本棚を置くのは不要になります。新刊が出たからと言ってブックストアへ行く時間を作る必要もありません。こうしたポイントから、使用する人が増え続けているのです。
スマホを通して電子書籍をゲットすれば、電車やバスでの移動の間や午後の休憩時間など、好きなタイミングで読めます。立ち読みもできちゃうので、書店に立ち寄る必要がないのです。
スマホを持っていれば、BookLive「社会科学としての経済学」を時間を気にすることなく読めます。ベッドで横になって、眠りに就くまでのリラックスタイムに満喫するという人が多いようです。
月額の利用料金が固定のサイト、登録しなくても利用できるサイト、1巻ごとに買い求めるサイト、無料の漫画がいっぱいあるサイトなど、コミックサイトも何やかやと異なるところがあるため、比較しなければいけません。




社会科学としての経済学の情報概要

                    
作品名 社会科学としての経済学
社会科学としての経済学ジャンル 本・雑誌・コミック
社会科学としての経済学詳細 社会科学としての経済学(コチラクリック)
社会科学としての経済学価格(税込) 1134円
獲得Tポイント 社会科学としての経済学(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


ページの先頭へ