バトル・オブ・ジャパン(2) ブックライブ 買った 評判 口コミ

BookLive「ブックライブ」のバトル・オブ・ジャパン(2)無料立ち読み


〈帝都炎上す〉迫りくる“超空の要塞”に熾烈を極める防空戦! 昭和20年5月18日、サイパン島に地鳴りが響きわたる。米艦隊による艦砲射撃の凄まじき轟音であった。容赦のない鉄のスコールが日本軍に降りそそぐ。マリアナ諸島を守備する中部太平洋方面艦隊司令長官、山口多聞中将の顔色も冴えない。頼みの綱であった連合艦隊は、横須賀ですでに壊滅していた。孤立無援……それが、中部太平洋艦隊の置かれた状況であった。 反撃もままならぬまま、同月21日未明、山口司令長官は唇を噛みしめ、サイパン島をあとにした。マリアナ諸島は米軍に制圧され、新たなる強兵の配備が開始された。それは、日本軍の誰も目にしたことのない、巨大な爆撃機であった。 空中戦をメインにした架空戦記の名作が、大幅に加筆修正されて電子で復刊! 本書はその第2弾。●青山智樹(あおやま・ともき)1960年、東京都武蔵野市生まれ。学生の頃より同人誌『宇宙塵』に参加。東海大学理学部物理学科卒業後、高等学校に理科教師として勤務。1992年、長編SF『赤き戦火の惑星』(勁文社)で商業デビュー。『合体戦艦「富士山」出撃!』(有楽出版社)、『蒼穹の海鷲』(アスキー)等、シミュレーション戦記を中心に執筆する。その他にも『零戦の操縦』(アスペクト)、『自分でつくるうまい!海軍めし』(経済界)、『世界一わかりやすい放射能の本当の話』(宝島社)等、ミリタリー関連書籍など著書・共著多数。
続きはコチラ



バトル・オブ・ジャパン(2)無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


バトル・オブ・ジャパン(2)詳細はコチラから



バトル・オブ・ジャパン(2)


>>>バトル・オブ・ジャパン(2)の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」バトル・オブ・ジャパン(2)の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するバトル・オブ・ジャパン(2)を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はバトル・オブ・ジャパン(2)を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してバトル・オブ・ジャパン(2)を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」バトル・オブ・ジャパン(2)の購入価格は税込で「486円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




漫画をはじめとした書籍の代金は、1冊あたりの代金で見ればそれほど高額ではありませんが、たくさん買ってしまうと、毎月の料金は高くなってしまいます。読み放題を活用すれば固定料金なので、出費を節減できるというわけです。
無料アニメ動画というものは、スマホでも楽しめます。ここに来てシニア層のアニメマニアも増加傾向にあることから、これから尚更進化・発展していくサービスだと言えるでしょう。
「漫画の所持数が多すぎて置き場所がないから、購入を躊躇する」とならないのがBookLive「バトル・オブ・ジャパン(2)」が人気になっている理由なのです。いくら買ったとしても、片づける場所を考慮しなくてOKです。
電子書籍と言う存在は、あれよあれよという間に金額が高くなりすぎているということがあるようです。けれども読み放題に申し込めば毎月の利用料が固定なので、読み過ぎても料金が跳ね上がるという心配がありません。
要らないものは捨てるというスタンスが少しずつに広まってきた近年、漫画本も紙という媒体で持つのを避けるために、BookLive「バトル・オブ・ジャパン(2)」を使用して愛読するという人が拡大しています。




バトル・オブ・ジャパン(2)の情報概要

                    
作品名 バトル・オブ・ジャパン(2)
バトル・オブ・ジャパン(2)ジャンル 本・雑誌・コミック
バトル・オブ・ジャパン(2)詳細 バトル・オブ・ジャパン(2)(コチラクリック)
バトル・オブ・ジャパン(2)価格(税込) 486円
獲得Tポイント バトル・オブ・ジャパン(2)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


ページの先頭へ