「戦後80年」はあるのか――「本と新聞の大学」講義録 ブックライブ 買った 評判 口コミ

BookLive「ブックライブ」の「戦後80年」はあるのか――「本と新聞の大学」講義録無料立ち読み


日本の「戦後70年」とは平和の時代であった。しかし今日「戦後レジームからの脱却」へ歩を進める政権によって、かつてないほど不安で希望の見えない時代が迫りつつある。果たして私たちに「戦後80年」は到来するのだろうか。比較敗戦論、論壇と出版、集団的自衛権と憲法、歴史学による戦前・戦後論、少子化問題、中央銀行の破綻……。日本の知の最前線に立つ講師陣が「戦後とは何か」を論じつつ、この先10年、日本が歩むべき道を提言する。朝日新聞社と集英社による連続講座シリーズ「本と新聞の大学」第4期の書籍化である。【目次】まえがき 姜尚中/第一回 基調講演 一色 清×姜尚中/第二回 比較敗戦論 敗戦国の物語について 内田 樹/第三回 本と新聞と大学は生き残れるか 東 浩紀/第四回 集団的自衛権問題とは何だったのか 憲法学からの分析 木村草太/第五回 戦後が戦前に転じるとき 顧みて明日を考える 山室信一/第六回 戦後日本の下半身 そして子どもが生まれなくなった 上野千鶴子/第七回 この国の財政・経済のこれから 河村小百合/第八回 総括講演 姜尚中×一色 清/あとがき 一色 清
続きはコチラ



「戦後80年」はあるのか――「本と新聞の大学」講義録無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


「戦後80年」はあるのか――「本と新聞の大学」講義録詳細はコチラから



「戦後80年」はあるのか――「本と新聞の大学」講義録


>>>「戦後80年」はあるのか――「本と新聞の大学」講義録の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」「戦後80年」はあるのか――「本と新聞の大学」講義録の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する「戦後80年」はあるのか――「本と新聞の大学」講義録を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は「戦後80年」はあるのか――「本と新聞の大学」講義録を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して「戦後80年」はあるのか――「本と新聞の大学」講義録を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」「戦後80年」はあるのか――「本と新聞の大学」講義録の購入価格は税込で「756円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




ここのところ、電子書籍業界では全く新しい「読み放題」というプランが登場し注目度が高くなっています。1冊いくらではなくて、月々いくらという販売方法を採用しています。
気軽にダウンロードして楽しめるというのが、無料電子書籍なのです。書店まで行く必要も、インターネットで申し込んだ本を受領する必要もありません。
普段使っているスマホに購入する漫画を全て収納するようにすれば、収納場所について気を配るなんて不要になります。先ずは無料コミックからスタートしてみると良さが分かるでしょう。
単純に無料コミックと言いましても、ラインナップされているジャンルは多岐にわたります。少年漫画のみならずアダルト系までありますから、あなたの好きな漫画が必ずあると思います。
コミックサイトはいくつもあるので、比較して使い勝手の良さそうなものを選定することが重要です。そういうわけで、何はともあれ各サイトの利点を知ることが求められます。




「戦後80年」はあるのか――「本と新聞の大学」講義録の情報概要

                    
作品名 「戦後80年」はあるのか――「本と新聞の大学」講義録
「戦後80年」はあるのか――「本と新聞の大学」講義録ジャンル 本・雑誌・コミック
「戦後80年」はあるのか――「本と新聞の大学」講義録詳細 「戦後80年」はあるのか――「本と新聞の大学」講義録(コチラクリック)
「戦後80年」はあるのか――「本と新聞の大学」講義録価格(税込) 756円
獲得Tポイント 「戦後80年」はあるのか――「本と新聞の大学」講義録(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


ページの先頭へ