十二人の死にたい子どもたち ブックライブ 買った 評判 口コミ

BookLive「ブックライブ」の十二人の死にたい子どもたち無料立ち読み


第156回 直木賞候補作『マルドゥック・スクランブル』『天地明察』を経て、冲方丁がデビュー20年目にはじめて書く現代長編ミステリー!廃業した病院にやってくる、十二人の子どもたち。建物に入り、金庫をあけると、中には1から12までの数字が並べられている。この場へ集う十二人は、一人ずつこの数字を手にとり、「集いの場」へおもむく決まりだった。初対面同士の子どもたちの目的は、みなで安楽死をすること。十二人が集まり、すんなり「実行」できるはずだった。しかし、「集いの場」に用意されていたベッドには、すでに一人の少年が横たわっていた――。彼は一体誰なのか。自殺か、他殺か。このまま「実行」してもよいのか。この集いの原則「全員一致」にのっとり、子どもたちは多数決を取る。不測の事態を前に、議論し、互いを観察し、状況から謎を推理していく。彼らが辿り着く結論は。そして、この集いの本当の目的は――。性格も価値観も育った環境も違う十二人がぶつけ合う、それぞれの死にたい理由。俊英・冲方丁が描く、思春期の煌めきと切なさが詰まった傑作。
続きはコチラ



十二人の死にたい子どもたち無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


十二人の死にたい子どもたち詳細はコチラから



十二人の死にたい子どもたち


>>>十二人の死にたい子どもたちの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」十二人の死にたい子どもたちの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する十二人の死にたい子どもたちを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は十二人の死にたい子どもたちを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して十二人の死にたい子どもたちを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」十二人の死にたい子どもたちの購入価格は税込で「1300円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




よくコミックを読む人なら、コミックサイトが便利です。購入手続きも楽ですし、最新本を買いたいがために、その都度本屋で事前予約を入れるといった手間を掛ける必要もなくなります。
書店では、スペースの関係で並べることができる書籍数に制約が出てしまいますが、BookLive「十二人の死にたい子どもたち」ではこういった制約がないため、少し古い書籍も数多く用意されているのです。
断捨離というスタンスが数多くの人に分かってもらえるようになった現在、本も印刷物として所持せずに、BookLive「十二人の死にたい子どもたち」を使用して愛読する人が増えているようです。
コミックと言うと、「若者向けに作られたもの」という印象を持っているのではありませんか?だけれどこのところのBookLive「十二人の死にたい子どもたち」には、中高年層の人が「昔懐かしい」と思えるような作品も多く含まれます。
コミックサイトも多種多様にあるので、比較して自分にぴったりなものを選ぶことが大切です。そういうわけで、差し当たりそれぞれのサイトのセールスポイントを認識することから始めましょう。




十二人の死にたい子どもたちの情報概要

                    
作品名 十二人の死にたい子どもたち
十二人の死にたい子どもたちジャンル 本・雑誌・コミック
十二人の死にたい子どもたち詳細 十二人の死にたい子どもたち(コチラクリック)
十二人の死にたい子どもたち価格(税込) 1300円
獲得Tポイント 十二人の死にたい子どもたち(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


ページの先頭へ