「論語」の話 ブックライブ 買った 評判 口コミ

BookLive「ブックライブ」の「論語」の話無料立ち読み


政治が乱れ、人の世が荒み果てていた時代、現在の人間に失望しつつも未来の人類に対して期待を抱き、人間の可能性に大きな信頼を持ちつづけた孔子。「論語」全訳・注釈を手がけた中国文学の碩学が二十篇五百章を自在に読みこみ、孔子の生き方と思想をわかりやすく解き明かす。「子曰く、仁遠からんや、我れ仁を欲すれば斯ち仁至る」。伊藤仁斎や荻生徂徠ら江戸の学者をはじめとする人々は「論語」をどのように読んだか。また、孔子が説きたかった仁とは何だったのか。諸国を旅して味わった失望や、弟子や民との対話を通して、孔子を語り、吟味する最上の入門書。
続きはコチラ



「論語」の話無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


「論語」の話詳細はコチラから



「論語」の話


>>>「論語」の話の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」「論語」の話の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する「論語」の話を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は「論語」の話を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して「論語」の話を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」「論語」の話の購入価格は税込で「918円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




書籍のネットショップでは、概ね表紙とタイトルに加え、おおよそのあらすじしか見ることはできません。だけれどBookLive「「論語」の話」の場合は、2~3ページくらいは試し読みで確認することができます。
漫画を購入するなら断然電子書籍という方が増えてきています。バッグなどと一緒に携帯することも不要ですし、本を片付ける場所も必要ないという特長があるからです。プラスして言うと、無料コミックを利用すれば、試し読みも簡単にできます。
電子書籍も普通の本と同じで情報が商品ということになるので、気に入らなくても返品は受け付けられません。それ故概略を確かめるためにも、無料漫画を読むことが大切です。
「どこから書籍を購入するか?」というのは、想像以上に大事なことだと言えます。売値や仕組みなどがそれぞれ違うので、電子書籍はあれこれ比較して判断しなければならないと思います。
BookLive「「論語」の話」を拡散する為の販促法として、試し読みが可能というシステムは見事なアイデアです。いつでもマンガの内容を確かめることができるので、休憩時間を利用して漫画を選定することができます。




「論語」の話の情報概要

                    
作品名 「論語」の話
「論語」の話ジャンル 本・雑誌・コミック
「論語」の話詳細 「論語」の話(コチラクリック)
「論語」の話価格(税込) 918円
獲得Tポイント 「論語」の話(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


ページの先頭へ