「平穏死」を受け入れるレッスン:自分はしてほしくないのに、なぜ親に延命治療をするのですか? ブックライブ 買った 評判 口コミ

BookLive「ブックライブ」の「平穏死」を受け入れるレッスン:自分はしてほしくないのに、なぜ親に延命治療をするのですか?無料立ち読み


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・親や配偶者の看取りに不安を感じる人、「いのち」や「死」とはどのようなものかを知りたい人、人生と医療との関わりを見つめ直したい人、――そのような人に必ず読んでほしい本です。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「いつまでも生きていてほしい」けれども、「できるだけ楽に逝かせてあげたい」人生の最終章を迎える人の家族は、誰もがジレンマを抱えています。そのジレンマに、「平穏死」提唱者であり、60年命と死に向き合ってきた医師が答えます。2015年秋に放送された、石飛医師が常勤医を勤める芦花ホームを取材した、NHKスペシャル「老衰死 穏やかな最期を迎えるには」は大きな反響を呼びました。2010年に石飛幸三医師が提唱して以来、自然な老衰死のあり方と、その穏やかな看取りとして「平穏死」の考え方が徐々に浸透してきました。胃ろうをつけた寝たきりの人も、この6年で60万人から20万人に減ったといいます。しかし現在でも、無理な延命治療によって穏やかな老衰死が妨げられてしまう実情があります。なぜなのでしょうか?皮肉にも、本人の意思の「代行判断」を迫られた家族の「情」が、安らかな大往生を妨げてしまっていたのです。多くの人が、「自分の終末期には無理な延命をしないでほしい」と望んでいます。しかし自分の親が年老い、老衰や病気になると、本人にとって苦しみでしかないと頭ではわかっていながら、医師の勧めに従い延命措置を受け入れてしまうことも多いのです。自然の摂理としての死が、家族にとって「悲劇」という受難になってしまうのです。別離は悲しい。悲しんでいいのです。悩み、迷うことは当然です。でも「命より大切なものはない」という考えにとらわれてしまうと、当人の尊厳が失われてしまいます。延命治療を決断した家族自身も、また苦しんでいるのです。本書では、親や配偶者の死と向き合う家族の声に耳を傾け続けてきた石飛医師が、タブー視されがちな家族の「情」について、丁寧に論考を重ねます。悩み苦しむ家族に向けて、大切な人を幸せに見送る心の持ちようや看取り方を提示します。
続きはコチラ



「平穏死」を受け入れるレッスン:自分はしてほしくないのに、なぜ親に延命治療をするのですか?無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


「平穏死」を受け入れるレッスン:自分はしてほしくないのに、なぜ親に延命治療をするのですか?詳細はコチラから



「平穏死」を受け入れるレッスン:自分はしてほしくないのに、なぜ親に延命治療をするのですか?


>>>「平穏死」を受け入れるレッスン:自分はしてほしくないのに、なぜ親に延命治療をするのですか?の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」「平穏死」を受け入れるレッスン:自分はしてほしくないのに、なぜ親に延命治療をするのですか?の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する「平穏死」を受け入れるレッスン:自分はしてほしくないのに、なぜ親に延命治療をするのですか?を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は「平穏死」を受け入れるレッスン:自分はしてほしくないのに、なぜ親に延命治療をするのですか?を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して「平穏死」を受け入れるレッスン:自分はしてほしくないのに、なぜ親に延命治療をするのですか?を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」「平穏死」を受け入れるレッスン:自分はしてほしくないのに、なぜ親に延命治療をするのですか?の購入価格は税込で「972円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




本を通販で買う時には、原則表紙とタイトル、それにさらっとした内容しか確認不可能です。それに比べBookLive「「平穏死」を受け入れるレッスン:自分はしてほしくないのに、なぜ親に延命治療をするのですか?」を利用すれば、何ページかを試し読みで確かめることが可能です。
常日頃からよく漫画を購入するという人からすれば、月額料金を払えば何冊であっても読み放題で堪能できるという仕組みは、まさに先進的と言えるのではないでしょうか?
気軽に無料漫画が読めるという理由で、利用者数が急増するのは当然だと言えるでしょう。本屋さんとは違って、人の視線に気を配ることなく立ち読みが可能だというのは、電子書籍の特長だと言えるのです。
多くの書店では、本棚のスペースの問題で陳列できる漫画の数が限られてしまいますが、BookLive「「平穏死」を受け入れるレッスン:自分はしてほしくないのに、なぜ親に延命治療をするのですか?」のような仮想書店ではそうした限りがないため、少し古いコミックも扱えるのです。
面白いか面白くないか悩む単行本があるときには、BookLive「「平穏死」を受け入れるレッスン:自分はしてほしくないのに、なぜ親に延命治療をするのですか?」のサイトでタダの試し読みを行なってみるべきではないでしょうか?少し見てつまらないようであれば、決済しなければ良いだけの話です。




「平穏死」を受け入れるレッスン:自分はしてほしくないのに、なぜ親に延命治療をするのですか?の情報概要

                    
作品名 「平穏死」を受け入れるレッスン:自分はしてほしくないのに、なぜ親に延命治療をするのですか?
「平穏死」を受け入れるレッスン:自分はしてほしくないのに、なぜ親に延命治療をするのですか?ジャンル 本・雑誌・コミック
「平穏死」を受け入れるレッスン:自分はしてほしくないのに、なぜ親に延命治療をするのですか?詳細 「平穏死」を受け入れるレッスン:自分はしてほしくないのに、なぜ親に延命治療をするのですか?(コチラクリック)
「平穏死」を受け入れるレッスン:自分はしてほしくないのに、なぜ親に延命治療をするのですか?価格(税込) 972円
獲得Tポイント 「平穏死」を受け入れるレッスン:自分はしてほしくないのに、なぜ親に延命治療をするのですか?(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


ページの先頭へ