主体性とは何か? ブックライブ 買った 評判 口コミ

BookLive「ブックライブ」の主体性とは何か?無料立ち読み


実存主義哲学者としてはもちろん「左翼」の精神的支柱として有名な著者による、待望の新刊。サルトルが1961年の12月にローマのグラムシ研究所で行なった講演(「マルクス主義と主体性」)がついに刊行された。フランス語では長らく未刊であったが、講演のみならず、その後の討議録もあわせて収録(フレドリック・ジェイムソンによる巻末の解説も秀逸)。サルトルは、1940年代の後半に『存在と無』にもとづいて具体的倫理学を構想したものの、頓挫し、その草稿は『倫理学ノート』の形で残された。一方、1960年に刊行された『弁証法的理性批判』第一巻における歴史や社会に関する基礎的考察を経て、1960年代に入って構想されたのが「第二の倫理学」であり、『主体性とは何か』は、その序論部分に相当するものといえる。マルクス主義においては客観性が重視され、主体性が蔑ろにされがちだが、各人の行為において重要なのは「主体性の問題」であるというのがサルトルの基本的スタンスであり、本書では、仮想敵としてルカーチをとりあげてゆく――。マルクス主義哲学からバタイユやドゥルーズの問題系へとつながる、主体性をめぐる幻の講演録!
続きはコチラ



主体性とは何か?無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


主体性とは何か?詳細はコチラから



主体性とは何か?


>>>主体性とは何か?の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」主体性とは何か?の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する主体性とは何か?を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は主体性とは何か?を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して主体性とは何か?を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」主体性とは何か?の購入価格は税込で「2268円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




一概に無料コミックと申しましても、取り扱われているジャンルは非常に幅広いです。若者向けの漫画から大人向けの漫画まで揃っているので、あなた好みの漫画がきっと発見できると思います。
BookLive「主体性とは何か?」を楽しみたいなら、スマホが役立ちます。重いパソコンは持ち運べませんし、タブレットも電車の中などで閲覧するというような時には不向きだからです。
「電子書籍には興味をそそられない」という人も多いようですが、1回でもスマホにて電子書籍を読めば、その気楽さや購入の簡単さからどっぷりハマる人が少なくないようです。
最近のアニメ動画は若者だけがエンジョイできるものではありません。アダルト世代が見ても感動してしまうようなクオリティーで、意味深なメッセージ性を秘めたアニメも増加しています。
マンガの売上は、だいぶ前から低下している状況です。似たり寄ったりなマーケティングにこだわることなく、あえて無料漫画などを提案することで、利用者数の増加を目指しています。




主体性とは何か?の情報概要

                    
作品名 主体性とは何か?
主体性とは何か?ジャンル 本・雑誌・コミック
主体性とは何か?詳細 主体性とは何か?(コチラクリック)
主体性とは何か?価格(税込) 2268円
獲得Tポイント 主体性とは何か?(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


ページの先頭へ