日・米・独――10年後に生き残っている国はどこだ ブックライブ 買った 評判 口コミ

BookLive「ブックライブ」の日・米・独――10年後に生き残っている国はどこだ無料立ち読み


日本は世界をリードできるか?日・米・独の現状を分析し、未来を占う!アメリカ、ドイツ、そして日本……。10年後に世界をリードする地位にいるのはどの国か。また、2流国、3流国へと没落してしまうのはどの国か―。「歴史」「政治」「経済」「マスコミ」「移民問題」など、3国が抱える問題と今後の展望を、日・米・独を知り尽くした二人の論客が語りつくす。日本人必読の一冊! ● 19世紀から、ドイツとアメリカは日本を敵視していた● 善良なドイツ人の「贖罪意識」と「差別意識」● 終戦直後の日本は、明るくて、たくましかった―● 「資源大国・アメリカ」の底力● ドイツはまだ「脱原発」していない!● 民主党政権に甘い。アメリカのマスコミ● 諸悪の根源は、やはり「朝日新聞」だ● 深刻なドイツの移民問題 etc.【目次より】序章【白人対非白人」】中東情勢が米・独・日の未来を左右する第1章【歴史編】世界大戦以前から、欧米に敵視されていた日本第2章【政治編】バラク・オバマ、アンゲラ・メルケル、安倍晋三―歴史に名を残すのは誰か第3章【経済編】“安い労働力”で成り立つ「奴隷経済」の終焉第4章【マスメディア編】アメリカとドイツのジャーナリズムも“朝日新聞化”している!?第5章【移民問題編】「グローバリズム」と「ナショナリズム」の時代へ
続きはコチラ



日・米・独――10年後に生き残っている国はどこだ無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


日・米・独――10年後に生き残っている国はどこだ詳細はコチラから



日・米・独――10年後に生き残っている国はどこだ


>>>日・米・独――10年後に生き残っている国はどこだの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」日・米・独――10年後に生き残っている国はどこだの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する日・米・独――10年後に生き残っている国はどこだを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は日・米・独――10年後に生き残っている国はどこだを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して日・米・独――10年後に生き残っている国はどこだを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」日・米・独――10年後に生き残っている国はどこだの購入価格は税込で「918円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




「手持ちの漫画が増え過ぎて置き場所がないから、購入を躊躇する」ということがありえないのが、BookLive「日・米・独――10年後に生き残っている国はどこだ」のメリットです。どんなに数多く買っても、本棚のことを考えることはありません。
BookLive「日・米・独――10年後に生き残っている国はどこだ」は持ち運びやすいスマホやノートブックで見ることができるわけです。少しだけ試し読みをしてみて、その漫画をDLするかの判断を下すという人が増えているのだそうです。
漫画好き人口の数は、ここ何年も下降線をたどっているのです。一昔前のマーケティングに捉われることなく、集客力のある無料漫画などを提案することで、新規顧客数の増大を企てています。
数あるサービスに競り勝って、ここ数年無料電子書籍という形態が大衆化してきている理由としては、普通の本屋が姿を消してしまったということが指摘されているようです。
利益に直結しない無料漫画を敢えて提案することで、集客数を引き上げ売り上げ増加に繋げるのが電子書籍サイトの目標ですが、一方の利用者側も試し読みができるので失敗がなくなります。




日・米・独――10年後に生き残っている国はどこだの情報概要

                    
作品名 日・米・独――10年後に生き残っている国はどこだ
日・米・独――10年後に生き残っている国はどこだジャンル 本・雑誌・コミック
日・米・独――10年後に生き残っている国はどこだ詳細 日・米・独――10年後に生き残っている国はどこだ(コチラクリック)
日・米・独――10年後に生き残っている国はどこだ価格(税込) 918円
獲得Tポイント 日・米・独――10年後に生き残っている国はどこだ(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


ページの先頭へ